夏も本番、海に山にとアウトドアレジャーや釣りを楽しむ人も多くなる季節ですが、万が一に備えておく事はアウトドア派を自称するなら、最低限のマナーではないでしょうか。

もしも、仲間とはぐれたら・・・

本格的な山登りや、上級者ハイキングに行ったことがある人なら、そんな不安にかられた経験があるのでは?


方位/高度/気圧/温度/天気 を計測! アウトドア ウォッチ 釣り/ハイキング/キャンプ/サイクリン...



山などで遭難してしまうと、ほとんどの場合、スマホの圏外であることのほうが多いと思います。


そんな時、一番知りたいのは


”今、自分はどこにいるのか?”


ということではないでしょうか。



遭難したとしても、最低限自分がどのあたりにいるのか、ということがわかれば、自力で下山できる可能性も高くなってきますし、一人ぼっちの不安からもある程度開放されるでしょう。


「遭難するようなバカな事はしないよ」

と思っている人も多いでしょうが、おりからの山登りブームと相まって、年々遭難する人は増えています。
実際、ちょっとしたハイキングのつもりでも、遭難して捜索隊のお世話になる人は跡を絶たないのが今の現状です。


特に、天気の急変で視界が悪くなり、パニック状態となって登山コースから外れ、仲間とはぐれてしまう人も多いそうです。

山の天気は、地上と違って読めませんから、その時その時の状況判断で行動するしかないわけです。



そういった事がないよう、山登りやハイキングには十分な経験を積んだ人と一緒にいったり、綿密な計画を立ててから行くことが大切です。

ただ、災難はいつ誰にでもやってくるから”災難”なわけで、そんな時に最も便りになるのは、”正確な情報”です。

備えあれば憂いなし、アウトドアは楽しくなくちゃ意味がないですからね。



 カテゴリ
 タグ
None