フィルム時代の写真で、保存状態があまりよろしくなかったりしたら、どうしても色合いがあせちゃったり、コントラストがぼやけたりして、

「ああ、この写真大事な一枚なのに。もっとちゃんと保管しておくべきだったなあ・・・」

なんて後悔したこと、ないですか?

大丈夫です! そう、ネガさえ残っていれば。


カメラ屋さんで現像してもらうとき(現像ってのもなんか、十年ぶりに発音した気が・・・)必ずついてきたのがネガ。

そのネガを、現代の技術で読み取って、デジタル写真にしてしまおう、というのがコレ。

サンワダイレクト フィルムスキャナー ネガスキャナー デジタル化 USB接続 ネガ ポジ 517万画素 400-SCN006
サンワダイレクト フィルムスキャナー ネガスキャナー デジタル化 USB接続 ネガ ポジ 517万画素 400-SCN006


思い出の写真って、必ずネガも一緒にどこかへしまっているもの。

ネガを引っ張り出してきて、片っ端からデジタル写真にしてしまえばいいんです。

読み込んだネガは、直接SDカードにデジタル写真として入りますから、後々ゆっくりとパソコンなどの大画面で楽しめば、

「うあっ、懐かしい!父さんの若いころの写真だ!」

なーんて家族の団欒にも役立つことしかり。


もちろん白黒写真だって、まるで今撮ったのか?というくらい、鮮やかによみがえりますよ。
まあ、カラーにはなりませんがね、白黒写真の場合は。


カラー写真なら、再びカラーで鮮やかによみがえらせることが可能です。

なんだか、タイムスリップしたような気分になれるかもしれませんね。




 カテゴリ
 タグ
None