新生児の赤ちゃんの場合、オムツを替えた後に使う「おしりふき」に、どんなものを使っているでしょうか?

赤ちゃんのおしりふきには、薄手のものと厚手のものがありますね。


薄手のものは、枚数が多いのが特徴で、そのぶんコストパフォーマンスに優れています。
逆に厚手のものは、コストパフォーマンスは多少悪くなりますが、うんち用としては最適となります。



「水99% Super」は、99%が純水でできているおしりふきで、少し厚手の種類になります。

 水99% Super 新生児からのおしりふき 100枚×16個



アカチャンホンポ(いわゆるアカホン)から発売されているので、信頼度は抜群です。

おしりだけでなく、体中にも使えて赤ちゃんを常に清潔に保つことができます。

難点は、純水99%なので、冬はそのまま使うと冷たいので赤ちゃんが嫌がるかもしれません

少し温める工夫をしてから使わないと、冬は赤ちゃんが風邪をひいてしまう可能性も。



とはいえ、肌の抵抗力がほとんどない赤ちゃんを清潔に保つ事ができるうえに、防腐剤・殺菌剤も0.3%以下に抑えられているので、敏感肌の赤ちゃんでも安心ですね。


赤ちゃんの皮膚は、まだまだ雑菌やバイキンに対する抵抗力がありませんから、安心してつかえる清潔グッズが必要で、コストパフォーマンスも抜群です。
アカホンのおしりふきで、いつも清潔にしてあげてください。






 カテゴリ
 タグ
None