「ブルーライト」

というのを聞いたことがあると思いますが、これ、

あなたの思ってる以上に危険な光だということ、認識したほうがいいです。

ブルーライト 影響


スマホゲームは気をつけろ



スマホでゲームをしたり、スマホでWEBサイトを読んだりすると、どうしても

ながらスマホ

状態になってしまいます。


ながらスマホをすることで、ブルーライトを長時間、目に入れる事になるわけです。


LEDディスプレーを採用しているものは、スマホに限らずパソコンやテレビ、タブレットなど、全てブルーライトが出ています。


ブルーライトはどれほど危険なのか



ブルーライトという光は、波長に特徴があります。

紫外線と一部同じ波長で、ブルーライトは、380nm~500nmの波長を持っています。


角膜に到達する光の中では最も紫外線に近く、最も強いエネルギーを持つのがブルーライトなのです。




スマホを凝視することは、紫外線の一部を目の奥に長時間、浴びせているのと同じ状態です。


紫外線ほど強力ではないとしても、長時間浴びると・・・。


他にも、ブルーライトの影響として、

・睡眠障害
・精神不安定
・脳への悪影響
・全身の倦怠感


などが報告されています。


若い人の目の病気が急激に増えている事実



スマホやタブレットの普及と同じくして、若い人の緑内障など、目のトラブルが増加しています。


はじめは目がショボショボするくらいで済みますが、そのうち膜が張ったようになる、視界が暗くなるなど、およそ中高生には考えられないような症状が増えているのです。


小学生以下の子供は特に、まだ発達途中で抵抗力も低く、ブルーライトの影響を受けやすいと考えられます。


子供にスマホを持たせる場合、時間を決めておく、時々目を休めるなど、凝視させる時間を少なくする工夫が必要かもしれません。