男性型脱毛症、いわゆるてっぺんハゲですね。これって、実は特効薬があることをご存知でしょうか?

その特効薬の名前は「ミノキシジル」。

そのミノキシジルを5%配合した、日本では唯一、発毛促進剤という薬である事が認められているのが「リアップx5」というわけです。





ミノキシジルが男性型脱毛症に使われだした理由




ミノキシジルは、もとは血圧異常の患者さんに処方されていました。

ただし、扱いが難しいために厚生労働省では認めていません。医師の指導の元で使われていました。


ところがびっくり。ミノキシジルを処方した薄毛の患者さんのほとんどが、髪の毛がフサフサになってきた。

「・・・どういうこと?」

これに研究者が飛びつき、ミノキシジルを安全に活用できる範囲内で配合し、商品化したもの、それが「リアップx5」です。


リアップとミノキシジル



リアップは、発売当初はミノキシジルを1&配合しか配合していませんでした。

これは、安全性等を考慮したものだと思われます。

その後、3%のものが発売され、現在は5%の「リアップx5」が主流となっています。






どんな薄毛に効くの?



リアップx5ですが、男性型脱毛症つまり、てっぺんハゲ(かっぱハゲ)にしか効果はないんです。

つまり、M字ハゲや、精神的要因である十円ハゲなどには効果はないそうです。

また、壮年性脱毛症(年齢による薄毛)にも効果は認められていませんので、あくまでも60歳くらいまでの男性型脱毛症に悩む方の使用に留めておく必要があります。



女性の薄毛にも効く?



女性には効果がありません。

というか、ホルモンの関係で女性にはミノキシジルは不適切だそうです。

ただし、1%程度なら使用は構わないそうですが、リアップシリーズは男性用にチューニングされた商品なので、女性は女性用「リアップ リジェンヌ」を使ったほうが良いでしょう。

【女性用発毛促進剤 リアップ リジェンヌ】




副作用は心配ない?



リアップは、ミノキシジルという本来は”血圧降下”のための成分が主成分。

言い換えれば、ミノキシジルの「髪の毛が生えてくるという副作用」 を利用した商品とも言えます。


従って、血圧が異常に低い人や、心臓疾患がある人、頭皮が極端に弱い人などは使わないほうが賢明です。医師や薬剤師の許可がいるのは、そのあたりが問題だからです。

また、髪の毛だけでなく体毛も濃くなる人も多いようです。(だからリアップx5は女性には不向きとも言えます)


体に全く異常がなく、皮膚が特別弱いわけでもない健康体の男性にとっては、男性型脱毛症を克服するための特効薬として大いに期待できる商品となることでしょう。









 カテゴリ
 タグ